2007-01-11

テテお友達と


少し・・・お鼻がピンクがかっています。前の産卵騒ぎの際の犯人?は、黄色のはしごブランコだったので、撤去しましたが、その間もずっと、プラスティック友達は今も変わらない友達です。
(友達と思っているのは、テテだけだと思いますが。笑)

産卵を防ぐためにも、鏡も全部撤去したほうがいいのですが・・・鏡がなくなると、一気にふけこむようなそぶりのテテ。悩みどころですが、数種類を入れ替え、様子を伺ってます。

ちなみに、ルチは黄色と赤色が大大嫌いですが(目の前にリンゴがあるときなど、かなり悩んで、威嚇しつつも、めちゃ怖がってます。苦笑)・・・テテはルチと違って、怖い色という態度はとらないように思えます。しかし、写真の色違いの青色プラスティックインコはお気に召さなかったらしく、人間で言うところのドツキみたいなことやってましたし、案外色の好みもあるかもしれません。

そもそも、女の子だったにもかかわらず、男の子だろうと勘違いしていた理由の一つが、よく鳴くこと、そして、このお友達に乗りかかっていたことです・・・・(お恥ずかしい)。手乗りは男の子しか知らなかったので、これは間違いなく男の子だと思い込んでいたんですが、病院では、あっさり「女の子でもそういう子いますねー」とのこと。
同じインコとは思えないくらい、発見の毎日。
微妙に、鼻の色は昨日より薄まっているように感じます(そう思いたいです)。お尻も気のせいかぷくんとしているようですが・・・さて、どうなりますやら。。。。。

2 件のコメント:

にょち さんのコメント...

Kannaさんの思い悩む思考…ようわかりますわ〜。
メスインコ飼いの宿命ですね・・・・(^_^;)
テテちゃんの卵の数なんて…
うちのおかんと比べたら「へ」ですやん(笑)
少々産んでもかまへんで〜〜〜←あんまり参考にしたらあきまへん

kanna さんのコメント...

>にょちさん
どの時点で、卵がおなかにできているのかが、一番わからないんですよー。(もし、できているのに、産むのやめられるのも、もっとやばいかなーとか、ですね。涙)
オスインコばかりと暮らしていて、中級インコ親と勘違いしていた自分の頭殴られまくりのメスインコ…
でも、いや、たしかに、じじちゃんに比べたら、テテはまだまだひよっこのひよっこ。まさしく「へ」みたいなもんです(笑)
そうそう、にょちさんの魔法言葉「病院いくでー(←意味なく関西弁にしてみました。笑」とつぶやくと…動作がとまるテテ。
ひとまず、続行していまーす(笑)