2007-01-10

ルチの飛ぶ話

ルチの飛ぶ話と書いても、ルチを飛ばす訳ではなく、普通にインコちゃんが、「飛ぶ」ということと、ルチの「飛ぶ」は明らかに意味が違うので、その話について書こうと思います。

ルチがちょっと大きくなっても、前に育てたインコちゃんたちと違い、あまりと「飛ぶ」ことに興味がないようにみえました。これは困ったと思い、Kannaが見本になろうと、手をばたつかせてみせたり、挙句の果てに、いすから腕をふりながら落下してみせたり(今思うと恥ずかしすぎます。苦笑)・・・まあ、そりゃ一生懸命やってみました。そのときのルチの、不信そうな顔・・・(「何やってるっぴ??」の顔は今もはっきり思い出せるほどです。とほほ)
努力?が実ったか、徐々に羽ばたく練習を始め、飛ぶというより落下するところからはじめて、だんだん飛ぶことに慣れ、結構本人も喜んでいるようにみえました。ですが、当時住んでいたのは、1Kの賃貸マンション。…あまり「飛ぶ必要性」がなかったのか、どちらかというと、飛ばずにすますインコに育ってしまったように思います。

実家っ子になってからも、当初若かったので、今より飛んでいたんですが、どうも、知恵がついてしまったようです…移動したいときは、周囲の人をじとーーーーっと見つめるっちゃんあっちにいきたいっぴと訴えるだけ。それだけ(笑)。本格派俳優のように、目だけで人を動かす術を身につけました。相手にしないつもりでも、あまりの目力につい手が出てしまう、Kanna家族…普段はこれでOKらしいです。

テテが小さいとき、うちに遊びに来た弟が、開口一番に「インコって飛ぶんだったねー」と言ったときには(弟は普段ルチと暮らしているので)、なんだか複雑なような、おかしいような、妙な気持ちでした。

ルチも非常手段として、飛ぶことはゼロではないですが、何かの事情で飛ぶことはプチニュースとなり、実家の母から電話がかかってくるぐらい、すごいことになってしまった今日この頃。 そもそも、飛んだと聞いて、どきどきする私がすでにどうかとも思いますが(汗)・・・何はともあれ、元気で長生きして頂戴ねー。