2007-06-30

掃除機怖い

ルチくらい、人生経験じゃなかった、鳥生経験していたら、
掃除機の音くらい、慣れてもいいのではないかと思うんですが・・・
どうしてもダメっていうのは、あるかもしれませんね。
(ああ、虫・・・・・・・怖いっ。笑)

実家に帰ると、父が掃除機をかけていて、ルチはゲージの下に、
細くなって固まっていたので、さっそく救出しました(^^;

でも、まだ、どこか遠くの世界から抜け出せない様子(笑)



「大丈夫だよ~」と抱っこしてあげても、固まったままです(^^;



まだ「ごぉ~」と掃除機音が鳴り響いているのに気付き、
ルチとしては、最上級の背伸びをして、周囲を警戒しています。



いつもなら、抱っこされたら、大丈夫のはず、、、でしたが、
今日は、どうにも落ち着かないようで・・・



当然、呼びかけても、応答ナシ(笑)



こういう時は、高いところが安心するのか、登れないくせに、
無理に、首筋へ入ると、聞かなくなりました(苦笑)

ハイハイ、と、手を使って、自動?手動?で、
首筋へ移動させようとしたんですが・・・



もう、聞く余裕すらないようです(爆)



どうしていいか、分からないかったと思いますが、
登れなかったからと、腕を噛むのは(しかも思いっきり)
やめてもらえないでしょうか(涙)

ルチの天敵の掃除機は、ルチのおかげでフル稼働してるわけで、
少しは、掃除機に「スキスキ」でもしてほしいってもんです(^^;

**************************

そういえば、今日、おもしろいニュースを見つけました。
鳥に関係するというより、プラスチックのアヒルが、
太平洋から北極海を経て、英国へ向かっているという話。

日本語版ニュース
英語版(TIMES ON LINE)

トラブルにより、海に投げ出されたアヒルは、もうすでに、黄色ではなく、色もはげてしまってるらしいですが、小さな体で、15年もかけて航海を続けてるというのは、何となくロマンだなぁと思ってしまいます(環境への影響についてはソースがないので分かりませんが)

今更ながら、ルチは、アヒルに似てるんですよねぇ・・・・
いや、本物じゃなくて、アヒルのおもちゃに(爆)

TIMES ON LINEより↓







また続編にも気を配っておこうと思います。