2008-01-23

ルチ式かじり木コーン活用法

ルチが小さい頃、インコ用おもちゃは、あまりなく、
目に入ると、片っ端から、せっせと貢ぎましたが・・・

結局、飼い主の徒労に終わり、全くおもちゃキライな
インコになってしまいました。といっても、ルチ自身、
たぶん、自分が「インコ」とは思ってないですが(^_^;

でも、齧るのは好きなので(ストレス発散に薦められ)、
かじり用に巣箱入れてたら、いい感じに齧ってたし、
はしご入れた時も、5段はしごが4段になってたし(笑)

もしかすると、かじり木コーンなら・・・・???
と思って、今回、初トライしてもらいました♪♪

--------------------------------------------
まずは、何でも怖がったり、ストレスになったりする、
ルチの為、指導員(kanna)が使い方を丁寧に説明。



指導の内容は、登りたかったら登ってもいいし、
こうやって、カジカジもできる木なんだよ、と
説明したつもりだったんですが・・・

(*ルチは、落鳥&怪我の危険がある為、先生と相談し、
止まり木は低位置に一本だけ。でも、最近ルチの調子が
いいので、何とか自力で登れる位置に、設置しました)


「ぴっちゅぅ♪」(わかったっぴ!)

・・・って言ったかと思うと(訳は飼い主の妄想です。笑)
珍しく怖がることもなく、かじり木コーンへ近づく、ルチ。



初対面なので、ひとまず挨拶してるのかな~?!

と思い、そのまま指導員(kanna)は観察しましたが、
この後、日頃のルチらしからぬ光景を目にしまいました。



そのシーンを、写真には撮れなかったのが大変残念ですが、
体をかがめ、かじり木コーンの真下を走り抜け、折り返し
再度、体をかがめ、戻ってくるの繰り返しで、一羽大興奮。

しかも「ぴちゅぅ♪」と歓喜の声のBGM付でした(笑)

・・・それは新種のリンボーダンスなのぉ??

リンボーダンスをご存知ない方はコチラ

指導が行き届かなかったと反省し(私が)、
再度、ルチに、さらに丁寧に説明しましたが・・



一度、こうって決めてしまうと、金太郎飴のルチ。

ルチの頭では「これはリンボー用おもちゃだっぴ!」と
ちゃんと(?)インプットされてしまったみたい(汗)



頼んでないモノを、せっせと齧るから、用意したのに
せっかく齧っていいって、言ってるのに(ブツブツ・・)

しかも、飼い主は勝手に「ルチ特製クチバシ彫刻作品」を
期待してたし残念。芸術の道を究めて欲しかったわ(^_^;

・・・とはいえ、ルチが怖がらず、新参者(?)の、
かじり木コーンと仲良くしてくれるだけでも御の字。

ルチ特製彫刻作品は、次回、お願いしてみます♪(笑)

--------------------------------------------
◆おまけ◆

一週間前に、グリコのおまけ「ルチバージョン」を、
ウラに書きました
が、同じもの見せても・・・

ルチと、キキでは正反対な反応でした(笑)

皆様の想像通りの動画展開(?)になってると
思いますが、よかったら見てやって下さいな♪







↑で、動画が見れない場合はコチラ・・・動画はこちらへ

キキは、こんなに↑荒っぽいばかりじゃないんです(言い訳)
「キキ羽芸?」をウラに書いてますのでよかったら・・・♪