2007-01-31

ハンドメードボランティア



最近、ほとんどできてませんが・・・

買ったほうが安いとされるものを、あえて、作る、というのは、 心を豊かにする時間なのだと、 感じる、
今日この頃。

ただ・・・

どうしてこうも適当なのかと、 辟易するくらい なんですよ(くすん)
はじめるときは、ちゃんと図るつもりが、魔が差すって、言いますか^^;
「なんで、ちゃんと図ってしないのよぉ!!」と、 よく母から言われますが、
根がいいかげんなせいか、 いつもどこでも目分量(汗)
血液型占いは気にしないほうですが、 あまりに、O型らしい性格に、
ほんと涙しちゃいます(とほほ)

画像は、昔、いただいてたガーナの民族衣装の切れ端で作ったバックと、
(色違いの巻きスカートもあります)
幼稚園に寄付したエプロンです。
*母が幼稚園教諭なので、その兼ね合いで

エプロンは、茅木 真知子さんが好きで、
イメージ(だけ)は、たっぷり描きつつ、
しかし、ほぼ目分量で何枚も作ってしまいました。
(画像にはないですが、大人用も沢山作りました)

そんなとき、「幼稚園サイズのお手ごろエプロンがないんだよね」という母の話から、園児サイズの型紙を入手し、プレゼントしたことがあります。思ったより評判がよく、運動会のお買い物競争に使いたいとのことだったので、結局、人数枚すべて作ることになりました。

こんないいかげんなもので、喜んでもらえるなんて、
(園児のみなさんごめんなさいね)
意外な形で、できるボランティアもあるんだなということ、
ほんと、目からうろこのいい経験になりました。

園児の皆さん、そして、きっかけをくれた、母に、ありがとうです。

余談ですが・・・

園児といっても、このご時世、かなりビック園児もいるのですよ。
(聞いてのけぞるほどすごいのです)

ある程度、幅をもったエプロンにもかかわらず、やはりビック園児には、前掛けくらいの大きさにしか足らず、一枚だけ特注で作成。

ですが、母曰く・・・

「大きくても、女の子だから、 大きさを
感じさせないデザインにしてほしい」と。

三歳児でも、そういうこと考えるのかと
驚きつつ、特注で作成しました。

小さくても「一人前」ってことでしょうね^^

一人前といえば、知能が3歳レベルといわれているインコちゃん。
母が担当している子供たちと同じくらい、ってこと^^

こっちがついしてしまうことも、よくよく見てるに違いない(焦・・・)
気をつけるわ(笑)

小さくても一人前・・・
「歌も歌えるっぴよ~」
(生後一ヶ月ごろのテテ)→

********************

テテは・・・まだまだ抱卵真っ只中。

相変わらず・・・です^^;