2007-04-30

フレンドリールチ&テテ病院話

昨日は、祖母の命日のお祥月だったので、
夕方から実家で、たっぷり奉公してきました。
(おうち奉公と、そして、ルチに、です。笑)

みんなバタバタしているので、落ち着かない様子でしたが、合間みて、水浴びし、ご機嫌なルチ。

その後、お客様がぞくぞくいらしたので、いつものように『愛想振りまく仕事』、いえ、『ご挨拶兼受付仕事』に、精を出してもらいました^^

前のように、来客者のバックをすべてチェックする
そういう元気はなかったようですが、皆さんの話題と、心を、独り占め(笑)

話題の提供にも、一役買ってもらいました。

お寺が帰られたあとも、来客者のお食事が続いたため、かなり長時間、ガイガイガヤガヤな状態だったのですが、いつもより元気にみえるようで、ほっとしました。

父も、体面とか、あったでしょうが・・・結局、長くルチを抱っこしてましたしね(ふふふ)

ところで、今日はルチと夫の距離がぐーんと近づきました。これまでも、夫の手に、おそるおそる、乗ったことはありましたが、夫の肩に乗ったのは、初めて。しかも、乗ってても機嫌よくて、びっくり。

ここまで、5年くらいかかりましたよぉ(涙)
ルチ落ちないよう緊張している夫⇒

そして、珍しく、うちの弟の手にも乗っていました。

これまでは、父私以外だと、手の平には乗らず、
指乗りだけでしたが・・・・
単に、足が弱ったことから、指乗りじゃなくって、
手の平乗りが都合がよかったとか(苦笑) 

いや、家族と仲良くなってるんだよねぇ、、

前より、家族に懐いている感じにみえて、
ちょっと嬉しい発見の、そんな日になりました。

歳とって丸くなった、フレンドリールチです♪

*********************
さっき、テテと、病院より帰宅しました。

テテだけなので、往復の時間も短く、片道一時間強で行けました。
(ルチを迎えに行かないので、すぐ高速、都市高と乗り継いだので)

いろいろ話も伺ってきましたが、ひとまず、心配する状況でも、
薬が必要な状況でもなく、ほっとしました。ご心配おかけしました。

一番の良薬は・・・産卵、抱卵をストップしてもらうこと、ですね(爆)